離島で貧乏暮らし

貧乏ネタでいろいろ書こうかなと……

昨日Zoom飲み会をやったのだけれど

高校の時の友人7名ほどで集まってモニタ越しに飲み会をやった。 自分はネットミーティングとかする機会がゼロだったのだが、勤め人の多い友人達は仕事で結構使う様で、なんとなく手慣れた感じであった。
 
事前に一番通信環境が貧しい自分の所ともう一人で実験的に繋いでみたのだが、その時には動画止まりまくり、音声時々途切れる、って感じで、やはり低速回線では無理があるなあって感想だったが、家以外は全員首都圏在住なので、まあ自分がモニタ動画切って音声のみで繋げば何とかなるだろうと云う見込みで本番をやってみたら、意外と自分の所からの動画と音声にはあまり問題はなく、ほぼノートラブルであった。
 
その本番では、自分ではなく一緒に実験した友人のiPhoneからの通信が途切れがちで、中之島のネット環境よりもその友人のwifi環境が良くないのではないかという結論になった。 無線LAN親機がエアマックとのことだったので「そろそろ買い換えよう」って事になったが、もしかすると親機そのままで中継機を入れるだけで問題解決なのかも知れない。
 
無線LANはwifi4, wifi5, wifi6と世代が別れて、その上で同時接続数とかビームフォーミングがどうたらで値段がまちまちで、ゲーミング用とか銘打たれた高速低遅延の製品だとタカアシガニみたいにアンテナが生えてて数万円とか云うのもあるし、複数台で連携してカバー面積が増えるメッシュwifiとかもあってややこしいのよな。
うちはヤフオクで700円の中古ルーターを買ったが、自分一人しかユーザがいないのでそういうプアなもので間に合うのだが、一般家庭で同時使用ユーザーが三人四人って事になると、やっぱり高いルータが必要なのかもしれん。
  なお、中之島でもNTTの交換器デジタル化が2月に実施されるので、来月上旬にうちにも回線工事が来てようやく光回線が開通するということになる。 今までの村営回線ではどんなに良い時でも3Mbps以上の回線速度は出なかったが、フレッツ光に変われば少なくとも100Mbpsくらいは出るはずなので、ネット環境は随分改善されると信じたい。 何しろ通信料は倍以上に値上がりするのであるから。 (村が通信料補助として月額1000円くれるのだが、それでもそれくらいになる)

防災袋に使ってるグレゴリーのバッグなんだが

f:id:eyoshida0330:20220120204303j:plain f:id:eyoshida0330:20220120204308j:plain  
いつ買ったかもう忘れてしまうくらい昔に買ったんだけど、どうもブランドタグのデザインが90年代初期の三年間だけ使われた「紫タグ」で、三十年ものであることが判明。 いつどこで買ったのか本当に全然覚えてないが、当時はグレゴリーを扱ってたショップも多くなかったし、コリン・フレッチャーが「バックパックロールスロイス」と絶賛していたことなども大して知られてなかった頃だったと思う。 実際、街中でグレゴリーのバッグを見かけることなどそう多くなかった。 ノースフェースやパタゴニアさえ、それほど多くなかったからなあ。
 
とにかく丈夫なバッグで、前の会社にいた頃はこれ一つ背負ってどこにでも出張した。 生地裏面のウレタンコーティングはとっくに剥げて防水性はゼロだったので、着替えの作業着なんかはゴミ袋に入れて雨避けしてた記憶がある。 こっちに引っ越してきてからも、鹿児島に上る時などにはよく使っていた。
数年前あたりから、鹿児島に上る時にはこれより小さめのREIメッセンジャーバッグを主に使う様になって出番が減っていたので、防災バッグとして余生を送る感じになっている。
役場支給の防災袋では小さすぎ・背負い難過ぎで話にならないのよなあ。 まあ「新品のグレゴリーを支給しろ」とか役場に言ったら「ふざけるな死ね!」って言われるだろうがw
 
何しろ防災袋なので、いつでも持ち出せる様に普段は部屋の隅に放りっぱなしになっているのだが、そのせいでだいぶ埃をかぶっていたので洗濯してやった。 まだ生乾きなので、今夜一晩部屋干ししたら、また中身を詰め直して防災袋のお勤めをしてもらう。 入っていた非常食とか水も期限切れてるのがあったので、入れ替えないといかんなあ。

本日届いていたフィッシングメール

今日、アマゾンを騙るフィッシングメールが届いたので晒す。

晒しここから--

From: "Amazon.co.jp Support" <amazon7@amazon-requestsupport2.com>
To: undisclosed-recipients:;
Subject: アカウントがブロックされました。
Date: Sat, 15 Jan 2022 06:42:46 +0800

下記注文のお支払いにご指定いただいたカードの利用承認が得られなかったことをお知らせいたします。

再度問題が発生した場合は、その旨をEメールでお知らせいたします。

なお、1日以内に変更または修正いただけなかった場合は、誠に勝手ながら、アカウントを閉鎖します。

下記ボタンをクリックすると、このご注文のお支払い方法を変更できます。

お支払い方法を変更 <ttps://qrs.ly/9add9vx>

お支払い方法の変更について詳しくは、ヘルプページをご確認ください。

またのご利用をお待ちしております。

Amazon.co.jp <ttps://qrs.ly/9add9vx>

晒しここまで--
 
メールを見た瞬間「あれ? クレジットカードの更新期限はまだ先のはずだが……」と思ったのであるが、メールの送信元アドレスを見てみるとamazon-requestsupport2.com」で、アマゾンジャパンのアドレスであるamazon.comと違っている。
こういう紛らわしいのは100%フィッシングメールなので「あー」ってなって、「お支払い方法を変更」の所のウェブサイトアドレスを見ると「https://qrs.ly/」で、QRコードを噛ませたリンクアドレスになっている。 怪しさ爆発で詐欺メール確定w (なおコレがbit.lyみたいな短縮URLサービスでも詐欺メール確定)
 
こういうのが来た時には報告先があるので、そちらも紹介。
 
「フィッシング対策協議会の報告ページ」

フィッシング対策協議会 Council of Anti-Phishing Japan | 報告

このページの下の方にある報告用のメールアドレスにフィッシングメールを転送するだけ。
 
フィッシング報告受付メールアドレス  [info@antiphishing.jp]

アマゾンに関してはアマゾン社内に報告用アドレスがあるので、そこに転送すると「タレコミありがとうございます」と自動返信が来る。
 
アマゾン報告用アドレス  [stop-spoofing@amazon.com

「このメール、ちょっとおかしいぞ」と最初に気付けるかどうかで詐欺に引っかかるかどうかが分かれるので、実際の手口を知っておくのは大事なことであるため記録しておきます。

悪石島ー小宝島間の地震

急に活発化してM3前後の地震がバリバリ連続してるんんで、気象警報のメーリングリストがえらいことになっている。

地震計が小宝島にないので悪石島の群発地震として報道されてるけど、実際には震源に近いのは小宝島。 まあ若干近い、って感じだけど。

ボールペンのリフィルを交換した

f:id:eyoshida0330:20211201111355j:plain
愛用と言うほどではないが長く使ってるボールペン

いつも使っているボールペンの書き味が悪くなってきてて、書き出しがかすれる様になってきたのでリフィルを交換。

このペンは島に来る前、調査現場でヘビーに使った筆記具なんだけれど、首にかけるストラップのおかげか落としてなくす事もなく、多分二十年くらい使ってるもの。  長く使ってはいるのだが愛用と言うほどではなくて、むしろ愛用してたボールペンはこれではなくて、ロットリングの二色+シャープペンシルだったのだが、畑で落としてなくしてしまったのである。 (一年後くらいに偶然見つけたが、錆びてオシャカになってしまっていた)

これは加圧式ボールペンで「水中でも書ける」って触れ込みで売られてたので、現場で野帳に記入するには良さそうだと思って買ったのだった。 実際には雨の中ではユポ紙のノートと鉛筆が実用的だったが。

でもまあ、インクが加圧されているおかげなのかかすれにくくて書き味は良かったのと、ネックストラップが付いているのが便利でよく使っていたのである。 当時はまだジェットストリームが出てなかったから、もしかすると三菱の加圧式(パワータンクという商標)が油性ボールペンでは一番書き味が滑らかだったかも。 勿論ジェットストリームの方が書き味はずっとスムーズなので、落として買い直したロットリングのボールペンもリフィルはジェットストリームに入れ替えている。

それが最近書き味が悪くなってきた。 ずいぶん使ってるのでインクが切れかかっている可能性も高いのでアマゾンでリフィルを探した。 「パワータンク」シリーズは今でも三菱鉛筆が販売しているのだが、リフィルの規格は変わっているので絶版が心配だったが、メーカーがリフィルの製造を続けていてくれて何とか見つかったので購入して本日入れ替えた。 やはり新品に替えると書き味が全く改善される。

年末恒例のカレンダー制作

中之島の有志グループで毎年カレンダーを制作しており、それに使う写真をスキャン・レタッチしていたのだが、昨日ようやく終わる。

写真の元ネタは、小中学校に保管されていて、文化祭の時に閲覧できる昔のアルバム帳から。

古い写真が多くて褪色が進んでいるので、かなり強烈に色補正をかけており、画像はかなり荒れ気味だけどしょうがない。 プリントの堅牢さはやはりモノクロ写真の方が遥かに高いなと、スキャンしながら思う。

元々はカラープリントだったのだろうが、褪色し過ぎてレタッチも難しい写真もあって、そういうものは諦めてモノクロに変換してしまうと、意外としっかり写った感じになる。 そういう「元カラープリントのモノクロ画像」も何枚か出来た。

自分の担当はスキャンとレタッチまでなので、それを使ったカレンダーのレイアウトはまた別のメンバーの作業になる。 今日、データをcd-rに焼いてその担当に渡したので、今年も中之島カレンダーは来月半ばには出来上がりそう。

f:id:eyoshida0330:20211118112533j:plain
第三十島

HDD消去作業用のLiveディスク

要らなくなったHDDやパソコンを中古屋や知人に譲る時に、念の為HDDの消去をしておくべきなんだけれど、これが結構面倒くさい作業で、二三千円で作業が簡単にできるソフトウェアが売られていたりする。

まあ、そういうソフトを使うのも良いことだが、一円でもケチりたいという貧乏人は向いていないからタダで出来る手段を探す訳で、自分の場合はlinuxユーザだからshredコマンド一発なのだけれど、これもまあwebサイトの解説を見ながらコマンドをコピペしたり手打ちしたりしながらの作業なので、無料の代わりに労力はかかる。

で、今日見つけたのがこのサイトで、胡散臭いと言うかキモオタ臭1を感じるんだけど、まあその件に関しては自分も他人様をどうこう言えない奴なので気にしない事として、サイトに書いてある説明見ると消去作業自体はかなり簡便に進みそうである。

これ使えば、面倒が嫌いな人でもHDD消去は楽にできそうかなと思ったが、良くよく考えるとダウンロードしたisoファイルをcd-rに焼くのが面倒くさい、という人が出るかもなあ。


  1. タイトルロゴにこういう懐かしいのを使ってたりするからなあw